【緋彩の瞳】 2017年01月05日

緋彩の瞳

2017年01月の更新履歴

2016年12月2017年02月

ダージリン×アッサム〔ガルパン〕] リリーが愛する人 ⑥

 概要: 「…………愛菜」  独占欲など邪魔なだけなのだと、リリーと付き合うことを決めた時に自分に言い聞かせた。本気で想われていることはわかっていたし、それは信じているし、今もそのことを疑うことをしない。リリーは自分からナンパしないと言うのも、嘘じゃないだろう。リリーは可愛い子に可愛いと言うのはただの挨拶だと思っている。自分からベッドに誘ったことなどないと、へらへら笑っている、その台詞も嘘じゃないと思う。知らな...

ダージリン×アッサム〔ガルパン〕] リリーが愛する人 ⑤

 概要: 「………愛菜、聖グロの生徒たちが私を見ても“キャー”って言わなかったんだけど」 何だか不服そうな顔をしたリリーが戻ってきた。校内を散歩すると言っていたのは、生徒を探すためだろうとは思っていたが、どうやら誰も手を振り返したりしなかったらしい。学生艦の遅延で迷惑をかけたお姉さまたちが来ている、と、生徒は全員知っているはずだ。どんなミーハーであろうとも、キャーなどと言えないだろう。ダージリンが許すはずもない...

ダージリン×アッサム〔ガルパン〕] リリーが愛する人 ④

 概要: コーヒーが飲みたいだなんて。リリーは後輩たちを試して、どう対応するのかをただ、楽しんでいるだけなのだろう。それでも、ダージリンたちは受けて立つつもりなのだろうか。一体どうするつもりなのだろう。生憎用意していないと詫びて、ルクリリの茶葉で紅茶を淹れるのだろうか。「少々、お待ちくださいませ」 ダージリンに即されて席に着くと、アッサムとシナモン、ペコが姿を消した。お茶を用意しに行ったのだろう。「この部屋...

ダージリン×アッサム〔ガルパン〕] リリーが愛する人 ③

 概要: 「……あの、私たちが船を下りて、謝罪に向かうつもりなのですが」『OG会の幹事のお姉さまが、どうしても学生艦に行きたいと言って譲らないの。致し方がないわ。紅茶の園で適当にお茶をして、出来る限り早く引っ張って帰るようにするから』「わかりました」『よろしくね』 横浜港に戻ってきた学生艦。連隊で責任を感じているのか、戦車道1年生は全員降りることなく、せっせと朝から街の掃除のボランティアに出て行った。それに付き...

ダージリン×アッサム〔ガルパン〕] リリーが愛する人 ②

 概要: 「……………ルクリリお姉さまが怒るわね」「本当に学生艦に乗り込んでも、私は止められないわよ」 聖グロの、1年生になったばかりの子が、陸地で行方不明になったと連絡を受けて、鉄道各社の駅に保護の依頼をするようにとグリーンに指示しながら、愛菜はげんなりとため息を吐いた。どうして今年の幹事があの人なのだろう。票を投じたのは、やりたくない麗奈やアッサムお姉さま。チャーチル会から幹事を選ぶと言う習慣もいい加減、やめ...

ダージリン×アッサム〔ガルパン〕] リリーが愛する人 ①

 概要: “リリー”こと、ルクリリお姉さまは、“オレンジペコ”の前では、必ずブラックコーヒーを飲まれるお方だった。バニラにいつもマズい紅茶を淹れるんじゃないと言う割に、ただ、お姉さまは紅茶そのものが、お好きではなかったから、更にマズく淹れるバニラの紅茶を、本当に嫌そうにしておられた。 オレンジペコは聖グロの寮ではずっとミルを隠し持っていて、3年生になった時、隠れコーヒー党のアッサムにそれを譲った。今も多分、アッ...
BACK|全1頁|NEXT