【緋彩の瞳】 さりげなく

緋彩の瞳

美奈子×レイ小説

さりげなく

「綺麗なツツジだよね」
「……え?」
「ほら、綺麗じゃない?」
腕を引っ張られて、レイはどこを見ていたのだろうかと、ふと思う。
隣の美奈が指さす道路脇には、綺麗なツツジが咲き乱れて、はち切れんばかりにその彩を主張していた。
真っ白や、濃い目のピンク、赤に近いピンク、薄紅、白とピンクの混じったようなもの。
「本当ね」
昨日だってこの道を通った。一昨日だって通った。いや、ほとんどこの道は毎日通っている。
その満開のすぐ30センチ傍だって歩いたはず。

花はある朝、突然咲くものではない。どうして気が付かなかったのか、不思議。

「どうしたの、レイちゃん?」
「ううん、綺麗って」
「ツツジ、好きじゃない?」
「まさか。花が嫌いなんてないわよ」
「だよね」

花を嫌いだなんて思ったことはないけれど
ありふれたこの道を彩られているツツジに、目を奪われた何て言う記憶はない。
このツツジだって今年植えられたものじゃないはず。
「美奈に言われるまで、ツツジが綺麗に咲いていることに気が付かなかったわ」
「え?いや、こんなにたくさん咲いてるのに?」
「たぶん、美奈に言われなきゃ花が咲いて、枯れても気が付かないで過ごしていたわ」
桜は神社に沢山咲くから、流石にその春の訪れにはちゃんと反応している。

だけど、こういう、ふとした時に綺麗にツツジが咲いているなんていうことをちゃんと見て歩いてはいない。

「なんかさ、綺麗な花が咲いていたり、子供が風船持って嬉しそうだったり、おじいちゃんとおばあちゃんが手を繋いで歩いていたり、そう言うのを見るのって、楽しくない?」

美奈の感性の清らかさに惹かれたのは
レイがそういうものを持っていないから

「……そうね」
「でも、レイちゃんと一緒に歩くのが、一番楽しいよ。ツツジよりもレイちゃんの方が綺麗だな~って思うし、レイちゃんと一緒に見るツツジもいつもよりは綺麗だと思うし。まぁ、つまりレイちゃんが上っていうか?」

せっかく褒めてあげようって思ったのに

「あんたさ、口にして恥ずかしくない?」
「全然」

突っ込むことも、何だかめんどくさい

昨日、何を想いながらこの道を歩いていたのかわからない
地面の石畳ばかりを見つめていたのかもしれないけれど
きちんとした記憶をとどめてもいない

つまり、レイにとってはこの道を歩くと言うことが
当たり前すぎて
季節の彩を発見するという些細な喜びや幸せを、長い間見過ごしてきたのだ

日常の、ふとした時に喜びやときめきを感じるって
心根が優しい証拠だってつくづく思う
本人に言えば図に乗るから、絶対に言わないけれど

「………本当、綺麗よね」
美奈の瞳に映る世界は、どれほど色鮮やかなのだろう
「レイちゃん、明日からは毎日ちゃんと見ないとね」
「そうね」
同じ景色を観ていられたらいいのに
その綺麗な心に寄り添っていられたらいい
ずっと
この清らかな心の傍に


関連記事

*    *    *

Information

Date:2015/04/23
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://fireredfantasia.blog.fc2.com/tb.php/536-3532f2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)