【緋彩の瞳】 ファースト・キス コンツェルト ⑦

緋彩の瞳

その他×海未小説[ラブライブ!]

ファースト・キス コンツェルト ⑦

「な、何言ってんのよ、海未」
思わず抱きしめ合っている腕を解いてその身体を押した。瞳を重ねてちゃんと聞かなきゃって思って。
「えっと……真姫?」
「とぼけた顔してる場合じゃないでしょう?」
「とぼけていませんが?」
「海未、さっさと振れって言ったのよ?」
「ですから、お断りするつもりはありませんと、いいましたが」
「……え?」
「え?」
「え?」
「……真姫?」

ますます
意味がわからない

「情けで付き合ってもらわなくてもいいし」
「いえ、そう言うわけじゃなくてですね」
「じゃぁ、どういうわけよ」
「えっと、その、真姫のことは好きですよ」
「後輩として、μ’sの仲間としてでしょ?」
そう言うのは要らない。
……いや、要るけれど。
「それもそうですが。えっと、その、交際というものについて、作法もよくわかりませんので、まず、絵里に色々伺ってから、真姫にお返事をしたくて、ですね……」

なんだか
本当に海未らしいんだけど
どこまでもバカ正直に全部言ってしまうあたりが
好きだしダメだし
素直にもほどがありすぎる

「……海未って馬鹿。なんで絵里に聞こうとするの?っていうか、私に聞いてよ。あと、付き合うつもり、あるって言うことなの?もう、全然よくわからないんだけど」
「で、ですがその…後輩に聞くなんて恥ずかしいじゃないですか」
なんでそこで、プライド発揮するのかしら。急に頬に空気入れて拗ねてみせて。
可愛いけれど、ここでそう言うことで拗ねるのってどうかと思うし。

可愛いけれど

「………海未………私は海未が好きなの」
「はい」
「その、わかってるの?キスとかしたいんだけど」
「その、そう言うことをするっていうのは、その、はい、知っています」
「………本当に、わかってるの?」


……
………

「………あとは、絵里に」
「だから、絵里に聞かないでよ」
「では、ことり?」
「そうじゃないでしょ。もう、意味わかってないじゃない!」


ムッとしたのは確かだけど

どうしてその感情が勢いになって
真姫の唇は海未の唇を塞いでいるんだろう




なんで海未にキスしてるの?




「………」
「…………」
「……………だから、好きって言うのはこういうことなの。キスしたいの」
「……し、し、したいっていうか、今、ききき、きっす、キス、しましたよね?」
「した、けど」

なんで、海未にキスしちゃったんだろう


……
………

「ご、ごめん……」
「………せ、責任を取ってください!」
だんだんと首から真っ赤になっていく海未を見て、きっと真姫もこんな風にゆでたタコみたいに同じ色になっているんだろうなって思う。

海未は
可愛いけど

ホントに可愛いんだけど


「い、いや。えっと、責任、取るわよ。責任って何するのよ。彼女になればいいの?」
「ふぁ、ふぁ、ふぁ~~~、ファースト・キスなんですよ!」
「私だって初めてよ!」
初めてのキスなら、もっと、ちゃんとしたかった。
どうしてかわからないけれど、してしまったんだから仕方がない。
「せ、責任取ってください!わ、私も責任取りますから!」
「な、な、何言ってんのよ?!意味わかんないけど、じゃ、じゃぁ恋人になってよ!!」
「と、当然です!」


……
…………


もう
誰かタスケテ
意味がわからない







関連記事

*    *    *

Information

Date:2015/09/28
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://fireredfantasia.blog.fc2.com/tb.php/636-f75ceb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)