【緋彩の瞳】 ヴァレン・にゃいん・デイ

緋彩の瞳

美奈子×レイ小説

ヴァレン・にゃいん・デイ

2月14日が近付いている。


街は甘い匂いに包まれて、お菓子メーカーも、お菓子と関係ないメーカーもここぞとばかりにピンクのラッピングの製品を前面に押し出している。

本来なら、渡す立場でもいいけれど。

一度でいいから欲しいもの。

もちろん、レイちゃんから!

そんな、My Sweet Honeyは、まったくもって、ヴァレンタインなんて興味なさそう。
というか、この人の場合は美奈子がひとつももらったことがないチョコを、毎年1年分位貰う側にいる。そして美奈子はそのお下がりをもらうというシステム。

もちろんレイちゃんは女で
あげるのも女

そりゃそうだ
天下のTA女学院の火野レイ様なんだから

「レイちゃん、レイちゃん」
「何よ?」
「レイちゃんって、チョコあげたりしたことあるの?」
「はぁ?」
「チョコレート。ヴァレンタインの勢いに任せた告白とか、したことあんの?」
あ、レイちゃんったら明らかにうざいって顔。
そう言う顔をするってわかっていても、聞いちゃう自分が“レイちゃん馬鹿”ってやつ。
「すると思う?」
「しないと思う」
「なら、聞かないでよ」
「うーん。じゃぁ、レイちゃんの好きな人がチョコ欲しいって言ったらあげたりする?」
それは、遠まわしのようでストレートにレイちゃんのチョコをおねだりする意味。
「毎年、嫌って言うほどあげてるでしょう?」
「……いや、レイちゃんがもらったものを押しつけられているだけなんだけど」

ほら、ひっかかった。

レイちゃん、美奈子のこと好きなんだね。
質問の意図、わからず答えているんでしょう?

そこを突っ込んで聞いたりしたら、きっと真っ赤になって照れて、拳がみぞおちにめり込むんだろうな。その顔は見たいけれど、今は痛い目に合うのは嫌だし。

でも、うん。
レイちゃんが美奈子のことを好きだって知ってるよ。
たまには声に出してもらいたいけれど、こうやって確認するのもなんか楽しい。

『チョコをくれ!チョコをくれ!』
美奈子は炬燵の中で寝ていたアルテミスを引っ張り出して、レイちゃんに爪を立てて操り人形、ならぬ操り猫をしてねだってみた。
「やめなさいよ、美奈。アルが可哀想よ」
『僕だって男なんだ!ひとつくらいチョコが欲しいんだ!』
寝ぼけたままのアルテミスは、何が何だかわからない感じでいいように操り猫。
「ルナからもらえば?」
『レイから欲しい、レイから欲しい!』
軽蔑のまなざしと、ため息ひとつ。
でも、そのため息は美奈子にだけわかる優しさも混じってる。
『レイが作ったチョコが欲しい』
「わかったわ、アル。じゃぁ、キャットフードをハートに固めてあげるわね」

「……げっ」

迷惑そうにしていたアルテミスが“本当か?”って急に嬉しそうな声をあげる。
レイちゃんは満面の笑みで、美奈子の抱くアルテミスの頭を撫でた。
「じゃ、じゃぁっ、私は……私はレイちゃんのハートをもらうんだからっ!」
「美奈、うざい」

やっぱりこうなるわけね。
ま、いっか。レイちゃんが好きな人を確認できたわけだし。
あとでアルテミスを追い返して、いっぱい抱きついてやるんだから。
あぁ、本当に“レイちゃん馬鹿”なんだから。


関連記事

*    *    *

Information

Date:2016/02/12
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://fireredfantasia.blog.fc2.com/tb.php/669-e260217b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)