【緋彩の瞳】 レイへ

緋彩の瞳

みちる×レイ小説

レイへ

レイ。
クリスマスは、どこへ行きたいかしら?あなたのことだから、人の多いところはきっと嫌ね。でも、ちょっとなら付き合ってもらえるかしら?
高級なレストランとか、プレゼントとかそういうのは気にしていないわ。
お外で食べるのが嫌いなレイだもの。カップルで賑わうクリスマスだからといって、わざわざ周りと同じことをする必要なんてないものね。

でもね、レイとクリスマスツリーを一緒に見るのが、私のささやかな夢なの。背の高いとても綺麗な飾りのついたツリーを見上げて、ありふれた白いため息を吐いて、寒さを言い訳にしてぎゅっと手を握り締めたりするの。

もし、嫌でなければクリスマスは一緒にツリーを見に行ってくれないかしら?
レイと二人きりでむかえる始めてのクリスマス、楽しみにしているから。
                                みちるより

関連記事

*    *    *

Information

Date:2014/02/11
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://fireredfantasia.blog.fc2.com/tb.php/89-46cd812c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)